車?それともインテリア?Classic Miniの可能性は無限大

こんにちは

MINI湘南のセールス新井です。


突然ですが皆様、Classic Miniを近くで見た事はありますか?
いまのBMW MINIの原点であるClassic Miniが販売されてから今年で60周年。

生産終了から約20年、ごくたまに走っている姿を見かける事はありますが、
近くでまじまじと外装・内装を見れる機会は少ないのではないでしょうか。


ただここ最近巷では、車史上まれなコンパクトでかつアイコニックなこの車は道路を走るだけの存在ではなくなっているのです。
小さなボディはもはや道路の上だけでが舞台ではないと言わんばかり。




・車内は飲食厳禁がマナー?飲食するための空間へと変貌するMini Cooper



都内にある某飲食店


独特な入り口に、ブランコ型のイスがあるなど遊び心あふれる店内。
照明はすこし暗めでお酒と料理を落ち着いて楽しめる大人の遊び場がコンセプト。


普通の飲食店とはひと味違ったお店の雰囲気に、
さらに目を惹くのが中央にあるClassic Mini。



IMG_8778.JPG



煌煌とヘッドライトを照らしながら店内に佇む車。
異質でありながらなぜか違和感を感じさせないのが不思議です。



しかもこのClassic Mini、ただの置物としてあるのではないのです。
しっかりとしたダイニングスペースになっているのです。




C6BC09AF-EDBC-4257-A094-CB72174FA652.JPG 6C220651-C600-4B9F-832E-ED24CF1E25C8.JPG



運転席にテーブル、3名(助手席が反転している)が入れる飲食スペースになっています。


Miniのテーブルは1つしかないので座るには予約が必要かと思われますが、
1度体験してみるのも面白いかもしれません。


都内に2店舗あるので是非興味のある方は行ってみてください。




・車の認識さえ無い、陳列棚と化したMini Cooper


次は、岡山県倉敷の美観地区にあるmt専門店。



江戸時代から続く伝統的な建物をモダンでオシャレに仕立て上げたお店が多く並ぶここ倉敷ではレトロの概念と一体化したMiniに出会えます。


「倉敷帆布」「倉敷デニム」「倉敷ガラス」など倉敷発祥のブランドが立ち並ぶ通り沿いを歩いてると引き戸の奥にうっすらと見えるMiniの顔。




IMG_8250.JPG





これを開けると、、、




IMG_8234.JPG




なんとも可愛いレトロなMiniが迎えてくれます。



ここは倉敷発祥のmt専門店(マスキングテープ専門店)

店内には様々なマスキングテープ並び、見ているだけでも十分に楽しめる空間です。




IMG_8246.JPG IMG_8242.JPG IMG_8241.JPG IMG_8244.JPG



注目するべきなのが中央のMini。





IMG_8235.JPG IMG_8240.JPG




屋根の上には商品が置いてあり、ボディにはマスキングテープのサンプルがびっしり貼られています。

まったくもって車の扱いをうけていませんが、まったく違和感が無い空間。
建物のレトロな佇まいと同化してみごとにお店の一部と化しているMiniがここ倉敷では見られます。




・ MINI湘南 COOPER DAY 〜Classic Mini Exhibition〜



上でご紹介したとしても、やはり身近でみることがあまり無いClassic Mini。
先日、9月8日クーパーDAYで特別に展示しましたきらきら


9月7日(土)8日(日)の二日間、
60th Years Editionと40th記念モデルのClassic MiniをMINI湘南のショールームに展示。


IMG_8682.JPG IMG_8684.JPG


室内に展示してもあり余るスペースがClassic Miniのコンパクトさを感じます。

ご来店出来なかった方々のために雰囲気だけでもと思い動画も用意しましたので是非見てくださいにこにこ八分音符












今後もMINI湘南ではイベントを企画していきますにこにこきらきら

さっそくですが次の企画も今週中には告知したいと思っておりますので、
MINI湘南のインスタ、フェイスブック、ブログを是非チェックしてくださいませ八分音符


スクリーンショット 2018-02-27 11.37.25.png スクリーンショット 2018-02-27 11.38.32.png

以上、


MINI湘南セールスの新井でした。




Blog Top