MINI Safty

みなさん、こんにちは!

MINI西宮の澤井です!

今日は5月5日子供の日ですね!

最近は鯉のぼりなんかすっかり見なくなりました。

昔は家に鎧兜なんかも飾ってあったりしましたが

もう昔の話?かな。。。

今はどうでしょうか?

皆さんの男の子のいる親御さんはどうされていますか?

どんどん、日本の風習が消えて行ってるような気がします。

私は生まれが京都なんですが、子供の頃にあったのを思い出します。

京都だけかもしれませんが、お盆になると地蔵盆というのがあったのですが、

ご存じでしょうか?

チケット制になっていて時間になるとおやつがもらえたり、

手品ショーがあったり、福引があったりしていたのですが

今やそんな形すら見かけません。

復活していたらいいな~と思うのですが、皆さんのところでは消えてしまった

こんな催事や風習はなかったでしょうか?

あれば教えて下さい!

本日はMINIセーフティーの紹介です!

もちろん最近の安全性の中には自動運転や自動ブレーキなどありますが、

車の基本的な安全性については各社メーカーによって違ったり、

国によって違ったりします。

MINIの安全性はBMWグループの中で培われたドイツ本国の安全性がふんだんに組み込まれています!

そして安全性の中にも2つの安全性を基に車を作られています。

もうご存じだとは思いますが、一つ目はアクティブセーフティ(事故を未然に防ぐ安全性)

二つ目はパッシブセーフティ(事故をしてからの安全性)

と二つに分かれます。アクティブセーフティがどの様にパッシブセーフティがどの様にあるのか?

実はMINIJAPANのホームページに掲載されているんですよね

皆さんはご存じだったでしょうか?

今や最新の機能が装備された安全性も勿論必要ですが、基本となる安全性を

今一度確認してみてはいかかがでしょうか?

ちょっと、拝借してみました。ご参照下さい

MINIsafty.jpgMINIsafty2.jpgMINIsafty3.jpgMINIsafty4.jpgMINIsafty5.jpgMINIsafty6.jpgMINIsafty7.jpg

MINIsafty8.jpgMINIsafty9.jpgMINIsafty10.jpgと最新の技術も取り込みながらもMINIに乗っていても安全にお乗りいただく事ができます!

この安全性はドイツ車全般に共通なところもあります。ただし、呼び名は違ったりしますが。

トラクションコントロールとかは各メーカー呼び名が違います。

そして、英国の伝統も守りつつあるMINIですが、

安心して安全に乗って頂けるかと思います。

今や無人で車が動く時代ですが、それでも基本的な安全性は必要です!

これを機に皆さんもご自身の車に装備されている安全性を知っておくの良いかもしれません!

もうすぐ登場するNEW MINIはこの安全性をさらにアップデートして

安全性の装備が充実します!

次回また追加された装備は案内します!

まだまだゴールデンウィークフェアも実施しております!

コロナ予防も勿論万全にしております!

是非、お立ち寄りください!

Blog Top