PEPPER PACKAGE その2

皆さんこんにちは! MINI NEXT尼崎 澤井です。

ようやく梅雨らしい雨が降り始めましたね!まだ梅雨入り宣言は聞いていませんが。。。

雨が降ったら降ったで鬱陶しいですが、雨の日の車の運転にはくれぐれもお気を付け下さい。

そんなことで先週に引き続きPEPPER PACKAGEの続きを紹介したいと思います。

今回は雨にまつわるオプション設定がペッパーパッケージにありましたので、

このレインセンサー(自動ドライビング・ライト付き)をご紹介したいと思います。

pepperPKGpng.png

画像の中では3つ目の項目にレインセンサー(自動ドライビング・ライト付き)と書かれています。

よく見れば、クーパー、クーパーD、クーパS,クーパーSDには標準になっています。

MINI ONEには装備されていません。(F56、F55のモデルです。ご了承ください)

レインセンサー 

読んで字のごとく雨のセンサーですが、ワイパーで使用する機能です。

普段、ワイパーを使用する場合、スロー、ファースト、1回だけ、間欠ワイパーと4段階で使用するかと思います。

フロントガラスから見るとルームミラーの取り付けてある根元の部分にセンサーが付いていています。

IMG_6971.jpg

そのセンサーが雨の量を認識しステアリングの右に付いているレバーの先端のオートボタンを押すと

IMG_6970.jpg

自動で雨の量、車速に応じてワイパーが動いてくれます。

またセンサーの感度をあげるツマミも付いているので早めの間隔で反応して欲しい方はプラスに動かし、遅い反応がお好みであればマイナスの方にしてあげれば簡単に調整が出来ます。私自身、オートワイパー使用していますが、この感度の部分はイマイチのような気がします(笑)個人の好みですね!

IMG_6969.jpg

国産車との違いは何と言っても付いているレバーが反対になっているので初めて輸入車を乗られる方は戸惑いを感じるかと思います。これからミニをご検討中の方はくれぐれもご注意ください。

そして最後に、(自動ドライビング・ライト付き)というオプションをご紹介いたします。

IMG_6972.jpg

ライトのツマミを左にセットしておけば後は自動で、明るさによってライトを点けたり消したりしてくれます。国産車のオートライトと比べると、明るいうちに点灯したり、トンネルを通過してもなかなか消えなかったりしますが、使用するにあたっては支障はありません。便利な機能です。ポジティブに考えれば早期の点灯で歩行者への認識が早くなると考えていただければいいかと。。。

今やデイライトが当たり前になってきているので白昼でも点灯している方がいいかもしれませんね。

以上 レインセンサー(自動ドライビング・ライト付き)でした。

まだまだつづくPEPPER PACKAGEその3へ

Blog Top